研究会発足の主旨

最近の技術革新は、目紛しい程のスピードで進化している。
例えば、自動車における完全自動運転は目前に、また医療、物づくりに対応する各種知能
ロボット等、 そこには最高級のIT技術を駆使した“いつしか見た夢”の実現がある。
しかるに、世界で冠たる日本の金型づくりでは、その最大テーマは旧態依然として、
「低価格、短納期、高品質」という金型を作り上げる迄のものでしかない。
従って、完成した金型は単なる鉄の物体であり、プレス機等の操作指令や、周辺の自動化
設備の検出機能の助力を得て、かろうじて作動し、成形品を排出するにすぎない。
因みに、プレス金型を考察すると、
 ・絞り型では、材料の2枚打ちを検知出来ず型破損させる金型。
 ・抜き型では、スクラップ流れ不良によるプレス生産チョコ停をさせる金型。
 ・穴抜き型では、ピアスポンチ欠落を無視し、生産続行する金型。
 ・己の出自から、現在に至る各種履歴を記憶出来ぬ金型。等々

 

もし今この金型に、これらに対応する“賢さ”があれば、そこに時代を越えた技術の
一段の進歩がある。
尚この様な事象は、プレス金型以外の金型にも多々存在すると思われる。
現在、日本の金型業界は、新興国の技術進歩もあって、コスト面で非常に厳しい局面にある。
そのために、金型づくりの品質(精度)と経験値の歴史のみを糧にした闘いを強いられる
姿も見られる。
こうした背景から、将来の日本の金型づくりでは、新たな付加価値を開発し、再度高度な
闘いを展開する必要がある。
その新しい付加価値を求めて、ここに「物言わぬ金型」から「かしこい金型」を目指す
所以がある。

かしこい金型の定義

A.

危険状況や生産品の不具合等を検知し、

自らで即応処置出来る金型。

B.

危険状況や生産品の不具合等を検知し、

緊急警告を発することの出来る金型。

C.

自らの出生や過去の不具合、生産動向及び

メンテ情報の履歴を蓄積し、そのデータを告知出来る金型。

 

開発事例

・金型の圧力検出プレート(ボルトセンサーによる圧力分布と挙動を検出) 

  

    株式会社アデックのYouTube動画

 

・金型IoT見える化(金型の圧力挙動の可視化ソフト)
    日本ユニシス・エクセリューションズ株式会社の製品紹介の動画ページ

 

・カス上がり対策ボタンダイ

 

・ウルトラジェックピン(2段スプリング)

 

・AIによるプレス成形状態の認識

 

・荷重センサー付きピアスパンチユニット

 

・位置センサー付きセンタリングブロック

 

・金型内発電ユニット 他

研究会員構成

役職名 所属・役職 氏 名
会 長 慶應義塾大学 教授 青山 英樹
会 員

日本ユニシス・エクセリューションズ
代表取締役社長

宮本 素立
会 員

日本ユニシス・エクセリューションズ
上席スペシャリスト

松林  毅
会 員

日本ユニシス・エクセリューションズ
工学博士

宋  哲源
会 員 三協オイルレス工業株式会社 代表取締役社長 中村  智
会 員 三協オイルレス工業株式会社 商品開発課 課長 小林 伸之
会 員 潟nルツ 代表取締役社長 近藤 大輔
事務局 潟Nライムエヌシーデー 代表取締役社長 高橋 啓太

 

トップへ戻る